会社案内

土壌・地下水汚染調査

環境・防災 > 土壌・地下水汚染調査

土壌・地下水汚染調査

土壌・地下水の汚染に関する法律として、2003年に土壌汚染対策法が施行、法が2010年に大幅な改正が行われました。有害物質を使用していた施設の廃止時や、土壌汚染により人の健康被害が生じる時のみならず、一定規模以上(3000㎡)の形質の変更時に、土壌汚染のおそれがあると判断された場合にも調査が義務付けられました。
 土壌汚染対策法は土壌を介して、汚染物質を人が直接的(風などで舞い上がった汚染土壌が体内に入ってしまう)、あるいは間接的に(土壌の汚染が地下水に汚染が広がり、その地下水を飲用することで体内に入ってしまう)摂取するリスクを防ぎ、健康を保護する目的で施行されました。
 たとえば、工場で排出された汚染物質が土壌中・地下水中に拡散し、人体に取り込まれる経路として、下の絵のような経路が考えられます。
 工場から土壌に排出された汚染物質は、地下へ浸透し、地下水中にも汚染が溶け出し、地下水の流れや帯水層下部の難透水層において拡散してしまいます。この汚染された土壌や地下水を摂取することで、人体に取り込まれ、健康被害が出てしまいます。
 このような土壌・地下水の汚染が起きていないか、また万が一起きていた場合、どのような対策をすれば良いのかという調査を実施する機関が「指定調査機関」です。「指定調査機関」とは、調査を的確に実施することができる者を環境大臣が指定したものです。
 弊社は「指定調査機関」として、土壌汚染調査について、調査の計画、汚染状態の把握、その対策工事(措置)の計画・施工管理までの一連の流れを、経験豊富な有資格者(土壌汚染調査技術管理者)が実施しております。

土壌・地下水汚染
汚染物質の拡散と人体に取り込まれるイメージ図



土壌汚染調査調査のフロー
土壌汚染調査調査のフロー
※ 土壌汚染の調査には各自治体で条例により定められていることがあり、
上記フローとは異なる場合がございます。詳細についてはご相談ください
(調査義務の発生から、土壌汚染状況調査・要措置区域の指定からその解除まで)

■ 関連情報

各種パンフレット > 【土壌・地下水汚染調査】
業務案内 > 不動産売買のための土壌汚染調査

ページの先頭へ戻る