業務案内

埋没鉄類探査 > 不発弾探査 > 陸上水平磁気探査

陸上水平磁気探査

■ 陸上のあらゆる位置で、磁気異常を正確に測定

陸上水平磁気探査とは、地表面で実施する磁気探査で、主に人力にて両コイル型磁気傾度計を移動させて記録をとり、このデータに基づいて磁気異常点を特定し、異常点の平面位置、深度および磁気量を算出し、異常点の掘削確認や、経層探査への工程につなげます。

一般的な探査方法は、探査区域内に1m間隔の探査測線を設置し、その探査測線上に沿って2名の探査員が両コイル型磁気傾度計を地表面より約10cmの高さに保ち、1~1.5m/sの速度で歩行します。両コイル型磁気傾度計より得られた磁気信号は測定員が携行しているテレメータシステムにより無線通信で記録器に伝送され、記録紙上に描写させます。
 現場作業終了後、得られた測定記録から解析作業を行い、埋没鉄類の位置および磁気量を求め、異常点位置図として図化し、一覧表にまとめます。

     



■ よりスピーディな探査方法への取り組み

近年では、1軸差動型のフラックスゲートセンサーを開発し、従来の両コイル型磁気傾度計を使った磁気探査に比べ、機動力に富んだ探査の実現に向け、運用試験中です(NGP Δ-System)。また、より直感的に磁気異常の有無を判断できるコンピュータマッピングを採用することにより、スピーディーな解析が可能になりました。

  
Δシステムによる探査状況


専用解析ソフトウェアにて磁気異常の位置・深度を求める



■ 不発弾等金属感応物をもれなく探査・確認掘削

水平磁気探査によって検出した磁気異常点は、金属探知器を用いて位置の特定を行い、感応物の確認掘削を行います。金属探知器による探査と同時に掘削確認および危険物の撤去を行うことにより、現地即応性の高いスピーディーな安全宣言が可能です。

 
金属探知器でくまなく探査し、反応のある箇所をマーキングします


金属探知器で反応があった箇所を掘削し、反応物を掘り出します

ページの先頭へ戻る